仮想通貨「リブラ」、ビットコインとどう違う?      $BTC

仮想通貨

fgeqfqef

1: 田杉山脈 ★ 2019/06/19(水) 19:47:21.34 ID:CAP_USER
米フェイスブックは2020年に「リブラ(Libra)」という仮想通貨(暗号資産)を使った金融サービスを始める。

リブラはどんな特徴を持つのか。代表的な仮想通貨であるビットコインと比較してみた。

(1)安定している価格

ビットコインは価格変動が大きい点や価値の裏付けがない点がネックとなり、想定されたほど決済手段として普及していない。投機目的の取引も目立つ。これに対し、リブラはドルやユーロなどと一定比率で交換できる「ステーブル(安定)コイン」の一種だ。銀行口座や国債など現金に近い資産を裏付けにするため、価格変動を抑えられる。

(2)速い決済スピード

ビットコインは1秒あたり7件の取引しか処理できない。これに対してリブラは発行当初、1秒あたり1000件の決済を処理できるとみられる。スマートフォンなどでの利用者の煩わしさが減り、普及に弾みがつきそうだ。

(3)巨大プラットフォーマーが抱える潜在ユーザー

ビットコインの口座数は世界で4000万程度とされ、米国と中国が多くを占めると見られる。一方、フェイスブックは新興国を含めてユーザー数は27億人にも上る。この顧客基盤がリブラの潜在的な利用者だ。

フェイスブックは世界で銀行口座を持たない17億人に対して最低限の金融サービスを提供することを主眼に置いている。

(※中略、全文はソース元へ)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46285470Z10C19A6I00000/


続きを読む

Source: 仮想通貨まとめ速報 | ビットコイン・アルトコインニュース
仮想通貨「リブラ」、ビットコインとどう違う?      $BTC

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。